中絶費用と手術費

お金がないならカードローン

24歳 名古屋 楽器販売

 

20歳までは男性と一対一でのおつきあいはしたことがありませんでした。
もてない訳ではなかったのですが、なんなとく恐怖心があって女性の友達と遊んでばかりでした。

 

大学で初めて男性と付き合ってみましたが、その時は何回かデートした程度で深い関係にはならなかったのです。
大学を卒業時に1年就職浪人したから今の会社の入りました。

 

社内での出会いはありませんでしたが、そのかわり社内の女性の友人が出来てよく休日や仕事が終わってからなど遊び歩くようになりました。
今まで遊んでいなかった分、男性との遊びが新鮮でどんどん深みにはまっていってしまったのです。

 

しまいには、付き合ってもいない男性を私の部屋に泊めてしまう事もあったのです。
避妊には十分気をつけてはいたのですが、一度だけ避妊せずにしてしまったことがあってその一度が妊娠という予想もしていなかった結果になってしまったのです。

 

この事実を知って信じられませんでしたが、結果は受け止めなくてもならなかったのです。
男性の方とは連絡は取れる状態ではあったのですが、相談出来るような相手でもなく
なんとか自分一人で解決しようと思いました。

 

もちろん経済的なことや将来の事を考えると、自分で産んで育てるという事は到底出来る事ではありません。
選択は中絶の手術を受けるしかないと思いました。

 

問題は、中絶手術費にあります。
誰にも相談出来ない環境下では、中絶手術費は自分一人で用意しなければなりません。

 

手術費は、150,000から500,000円程度はかかりそうです。・
蓄えのない私に取ってはこの額は、大金なのです。

 

ここで私は初めて「カードローン」からの借り入れを考えたのです。
今までお金を借りた事がなかった私に取っては、結構複雑な書類のやり取りが必要ではと思っていました。

 

しかし実際にやってみると、ほとんどがインターネットでのやり取りで申し込みが出来るのです。
これならば「カードローン」のある店舗まで出かけなくてすむので、ご近所さんからも見られなくてすみます。

 

また「カードローン」では即日での融資も可能なところが多くて、私見たくすぐにでもお金を借りたい人には便利だと思います。
中絶の場合においては、決断したのであればなるべく早く手術をした方がいいのですが、延びると手術費用の増大と母体へのリスクが高くなってしまうのです。

 

中絶を考えていて、お金が必要な場合には「カードローン」の道もある事を知っておいてください。